--/--/--(--)

『スポンサーサイト』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー[スポンサー広告] | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/02/22(木)

『web標準の教科書を買った』


いまさらながら、「Web標準の教科書-XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト」を買いました。

方々のブログで紹介されてたんで気にはなってたんですが、分厚くて図が少なくて難しそうな印象があったんで今まで敬遠してました。

でも買ってみた感想はというと、
超オススメです。

小さい文字がびっしり詰まってて、一見すると難解な本だけど、実は要点を簡潔にまとめた分かりやすい本です。

要点をまとめただけなのに、なんで分厚い本なのかというと、XHTMLとCSSに関するあらゆるルールをおさえているからです。

他のweb系教本ではあまり触れられる事の少ない「metaタグ」とか「blockquote要素」といった項目も他の項目同様に解説されています。

簡潔にまとめても、600ページに及ぶくらいXHTMLとCSS関するルールは沢山あるという事ですから、分厚いのは仕方ありません。

この本は、XHTMLとCSSに必要な知識が一冊にまとめられているので、今後も重宝することになりそうです。

ただ、すべての項目が簡潔にまとめられているので、これからwebの勉強を始める人には、物足りない本でもあります。

webの全体像はこの本で捉えて、各項目についての勉強は、図説や、事例の沢山入った専門書で学んでいく方がよいでしょう。

タグについての確認とかするための辞典のような使い方に適した本ですね。

webを勉強している人や、web関係の仕事をしている人は、持っていて損のない1冊だと思います。

ブログランキングへは、こちらから

FC2ブログランキング


スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

カウンター

カテゴリ一覧

リンク

RSS

  • RSS道
  • RSS登録方法
  • 最新記事のRSS
  • 最新記事のRSS
  • 最新記事のRSS

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。