--/--/--(--)

『スポンサーサイト』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー[スポンサー広告] | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/02/11(日)

『[書評]「法令尊守」が日本を滅ぼす』


「法令遵守」が日本を滅ぼす 郷原 信郎

企業の不祥事問題が出てくると必ず語られるのが、コンプライアンス

でも、コンプライアンスの意味って分かりますか?

「法令尊守」だと思ってませんか?


それ、間違いです!(某CM風)

この本の著者でコンプライアンスの専門家の郷原信郎さんによると、コンプライアンスとは、「社会的要請に適応すること」だそうです。

「法令尊守」コンプライアンスだと勘違いしていると、企業も日本も大変なことになりますよ、と郷原さんはのべています。

例えば「耐震偽装問題」。

建築基準法で耐震基準を定めたのは、地震の被害を少なくするという「社会的要請」に適応するためのはずなのに、結果的に違法建築と認定されてしまったマンションを購入していた人が、多大な被害を被ってしまった。
しかし、同法が改正される以前の建物で、耐震偽装マンションより耐震基準を下回る建物はいくらでもあるはずなのに、それらの建物は使用禁止になるわけではありません。

この「社会的要請」と乖離した法律が、「耐震偽装問題」の最大の問題であり、コンプライアンスを考えるならば、この法律の在り方について議論すべきでした。

しかし、「法令尊守」コンプライアンスだと勘違いしていると、偽装した建築士が悪いという話で終わってしまい、本当の問題は見過ごされたままになります。

言われてみれば、確かにそうだ。

コンプライアンス=「法令尊守」というのは、おかしいですね。

しかし官僚やマスコミ自身が、コンプライアンス=「法令尊守」という考え方だそうで、そのことが、この問題をさらに大きくしていると指摘しています。

う~ん、すると企業バッシングして違法判定するまえに、まず官僚やマスコミが、正しいコンプライアンスを導入しないといけないってコトかな。

その他、「談合」「ライブドア」「パロマ」など世を騒がせた事件についても鋭く分析し、日本の法体制の在り方を問うています。

この本は、日本の政策、経済に関わる、重大な問題を指摘した一冊といえるんじゃないでしょうか。

ボクにとっては、「ウェブ進化論」以来の衝撃本でした。

P.S.
「法令尊守」ではなく「法令遵守」でした。


ブログランキングへは、こちらから

FC2ブログランキング

スポンサーサイト
そんし
あらあら、本のタイトルの漢字も読めないくせに書評なんか書いちゃって。

>「法令尊守」だと思ってませんか?
>それ、間違いです!

ゲラゲラ、確かに間違いだわな。
あー、そんしゅそんしゅ。
2011/05/31(火) 16:49:04 | URL | [ 編集]
peng
たしかに(;´Д`)
ほんとだ、「法令尊守」ではなく「法令遵守」ですね。
これは恥ずかしい(~_~;)
2011/05/31(火) 17:02:53 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

カウンター

カテゴリ一覧

リンク

RSS

  • RSS道
  • RSS登録方法
  • 最新記事のRSS
  • 最新記事のRSS
  • 最新記事のRSS

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。