--/--/--(--)

『スポンサーサイト』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー[スポンサー広告] | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/02/06(火)

『あなたにとって、ブログって 何? 』

あるブログで以下のような記事がありました。

「1週間のはじまり」~本日 かふぇようび~
一つ聞いてもいいですか?

 あなたにとって、ブログって 何?

今年になって、その答えが自分の中で見つからなくて、
ブログの記事を書くのに、実はとまどっています。

~私は、何をしたいのだろう。
  何を求めているのだろう~。

もしよければ、
みなさんにとってのブログの意味を
教えてください

ブログにおける自分探しですな。
ボクも悩んだことがありました。
ボクはwebの勉強の一環としてブログを始めました。

ので、ボクにとってブログとは、最初は「アフィリエイトってどんな仕組みなんだろう?」とか、「テンプレートをいじる方法」とか、「どすればアクセスが増えるのか」なんていう技術的な興味から、それを試してみるための教材でした。

その後は、なんとか他人様に「読んでもらえる記事」を書けるようになるために記事を書くという、練習の場としての意味合いが強くなってきました。

かなり、自己満足なブログってことになりますね。

ただ、理想としては、「その時々の自分自身を記しておくためにブログはあるんだ」と言えるようになりたいです。

見る側にとっての、ブログやホームページの利点は、本を買いに本屋さんに出掛けたり、図書館に行かなくても、気軽にインターネット上で文章が読めること。

そして、ブログやホームページを書く側にとっての利点は、出版社にお世話にならなくても、多くの人に自分の文章(記事)を読んでもらえることでしょう。

ならば、ブログの最大の存在意義は、文章(記事)を書いて出版する事とは無縁の人々の文章(記事)も読めることじゃないでしょうか。

冒頭で紹介した記事は、小学校の先生が書いたブログです。
ボクの日常とは無縁な、小学校の先生という世界に生きる人のエピソードなどが、とても興味深いブログです。

この方の文章は、誰か別のプロの作家が書いたのではなく、この人自身が書いた文章(記事)だから価値があります。
そしてそれが読みたいからこの方のブログを覗きにいきます。

人は、それぞれ生まれも育ちも、生き方、考え方も多種多様で、すべて違います。
その多種多様な他人の書いた文章(記事)を読みたいから、人はブログを読むのではないでしょうか。

自分自身の言葉で書かれた文章(記事)をインターネット上に残し、それを読みたいと思う人達に読んでもらう事が、ボクにとってのブログの理想の在り方です。

ただ、そうなると今度は、「自分にとって自分らしい文章(記事)とは何か」、という問いが浮かんできます。

これは、芸術家が、「芸術とは何だ」と自問自答するように永遠の課題ですね。

いわば自分探し。

自分探しは、自分らしさ自体が常に変化していくから、永遠に答えに辿りつけない迷宮ですよね。

それと同じく、自分にとっての文章の在り方も常に変化していくでしょうから、その時々の自分の考え方が反映されていれば、それが自分らしい文章なのではないかと思います。
過去と現在の考え方は違っていて当然です。
人は成長していきますからね。

だから、ボクにとってブログとは、

「自分自身の心のアルバム」です。


なんてね。


FC2ブログランキング





スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

カウンター

カテゴリ一覧

リンク

RSS

  • RSS道
  • RSS登録方法
  • 最新記事のRSS
  • 最新記事のRSS
  • 最新記事のRSS

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。