--/--/--(--)

『スポンサーサイト』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー[スポンサー広告] | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/01/27(土)

『再チャレンジ政策の課題とは』

安倍政権の政策の柱にもある再チャレンジ支援策について、再チャレンジャーな立場から考えてみました。

再チャレンジは、政策によって変えられる部分と、本人のやる気に関わる部分があると思います。
しかし、政策と本人のやる気の他にもう一つ重要な要素があるとボクは考えています。

まずは、政策面ですが、

現状でも雇用機会を増やすための政策もかなりあって、これを利用することで、就職・転職に成功した人々もかなりおられると思います。


政策でいくら雇用の機会の均等を訴えても、雇う側が、経歴にニート、フリーター、中高年でのリストラ、数多くの転職暦等がある人間よりも新卒者を優遇してしまうのは、政策によって解決できる問題ではありません。

現実にそういう問題がある以上、各個人が仕事にスキルを身につけていくしかないでしょう。

政策として、スキルを身につけたいと思う人に対しての支援策を設けることは良いことだと思います。

次に本人のやる気という問題について、

「やる気がない人が、低所得なのはしかたないよ」的な考え方って日本社会のなかでは、かなり多数派ではないでしょうか。

たぶん日本では、公共の福利政策でやる気のない人の生活を援助していこうとは、ならないでしょう。

しかし、未来に対する希望を無くして、やる気をなくしている人もいるでしょう。

ニートなど労働意欲の無い人々のモチベーションを高める政策も必要かもしれません。

そして最後にもう一つ重要な要素、

それは、情報です。

スキルを身につけるにしても、何を身につけるべきか、そのスキルが活かせる業界の雇用状況はどうなのか、どうやってスキルをみにつけるかなどの情報が必要です。

政府がどのような支援策をすすめても、どういった支援策があり、どうすれば利用できるか知らなければそれを利用することすらできないでしょう。

インターネットが利用できる人なら、周囲に就職についてアドバイスしてくれる人がいなくても、自分のキャリアプランについて、調べて考えていくことが可能です。

情報を持っていることは、再チャレンジにおいて大きな武器になるでしょう。

インターネットを低所得層にも普及を進めるための政策は必要じゃないでしょうか。

初心者が無料でネット環境を利用できたり、インターネットの利用方法を教えてもらえる施設を設置したり、携帯電話から利用できる「再チャレンジコンテンツ」を作成したりする政策があってもいいかななんて思います。

ブログランキングへは、こちらから

FC2ブログランキング

職人学 職人学
小関 智弘 (2003/11)
講談社

この商品の詳細を見る

職人力 職人力
小関 智弘 (2005/10)
講談社

この商品の詳細を見る

就職がこわい 就職がこわい
香山 リカ (2004/02/20)
講談社

この商品の詳細を見る

ニート―フリーターでもなく失業者でもなく ニート―フリーターでもなく失業者でもなく
玄田 有史、曲沼 美恵 他 (2006/08)
幻冬舎

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

カウンター

カテゴリ一覧

リンク

RSS

  • RSS道
  • RSS登録方法
  • 最新記事のRSS
  • 最新記事のRSS
  • 最新記事のRSS

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。