--/--/--(--)

『スポンサーサイト』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー[スポンサー広告] | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/01/22(月)

『[NHKスペシャル]「グーグル革命の衝撃」』

NHKスペシャルでgoogleを扱うということで少し期待して見てました。

しかし内容的には、あまりwebに触れていない人向けの内容でしたね。

しかし驚くこともありました。

アフェリエイトで月収90万円の生活をするというアメリカの青年の話です。

うらやましい

携帯電話の紹介記事にgoogleの広告を載せるだけで、おしゃれなマンションで悠々自適に暮らせるなんて日本じゃ考えられないですよね。

ちなみにパソコンはMacでしたね。

googleのアフェリエイト報酬の単価は非公開なので、1クリック40円という単価を聞いて仰天していたアフェリエイターが日本全国にいたんじゃないでしょうか?

でもあれを見たアフェリエイトをよく知らない人達が、「じゃあ自分もgoogleの広告でアフェリエイト生活しちゃおうかな。」なんて勘違いしている予感。

日本だったら収入は一桁少なくなるはず。

金融とか風俗関係の広告のあるようなサイトを十個ぐらい運営しないと月収90万は難しいのでは?

あっ、英語でアメリカ人向けのサイトを作るという方法もありますね。

ちなみにgoogleは報酬をドルで支払うので、物価の安い国に移住して英語のサイトを作れば、かなりリッチな暮らしが出来るのでは?

あともう一つびっくりしたのが、SEO会社(検索順位を上げる仕事をする会社)の人が、検索順位を上げるためにページ内にキーワードを書きまくっているシーン。

SEOの会社って、一般のwebデザイナーが知らない裏技で検索順位を上げてるかと思ったのですが、「キーワード書きまくり」ですか。

あれで検索順位が上がるならボクにもできそうだ。

NHKの取材班は、このSEO会社の人に騙されたんじゃない?

検索順位をあげるテクニックなんてSEO会社にしてみれば企業秘密のはずですから。

この放送をきっかけにgoogleの利用者が増えれば、日本でもgoogleの広告報酬の単価があがるかもしれないですね。(無理?)

このブログにも広告貼ってみようかな?

ブログランキングへは、こちらから

FC2ブログランキング

Googleアドワーズ&アナリティクス活用テクニック Googleアドワーズ&アナリティクス活用テクニック
永松 貴光 (2006/07/22)
翔泳社

この商品の詳細を見る

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する  文春新書 (501) グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (501)
佐々木 俊尚 (2006/04)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

Web 2.0 ツールのつかいかた まだ、Googleだけですか? Web 2.0 ツールのつかいかた まだ、Googleだけですか?
梅田 望夫、小飼 弾 他 (2006/10/06)
技術評論社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

カウンター

カテゴリ一覧

リンク

RSS

  • RSS道
  • RSS登録方法
  • 最新記事のRSS
  • 最新記事のRSS
  • 最新記事のRSS

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。