--/--/--(--)

『スポンサーサイト』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー[スポンサー広告] | トラックバック(-) | コメント(-)
2012/12/15(土)

『【衆議院選挙】政策はどっちでもいいので、議論のできる政党を選びたい。』

選挙で支持したい人がいないから抗議の意を込めて白票を投票…とは言うものの

政策で選ぼうとすると確かに迷うね。

でも、政策以外の点でも吟味して投票したほうがいいと思う。

っていうか、今回の選挙は、そっちのほうが政策より重要だと思うわけです。

今回の衆議院選挙では、たくさんの政党が乱立していてどこの党に投票していいのか迷っている人も多いかと思います。
原発、TPP、外交、景気対策などなど多くの論点がある今回の選挙では、自分の考えと100%一致する政党を選ぶのは至難の業です。
景気対策は自民党の案がいいけど、原発推進はいやだなー、みたいなかんじで、あちらを立てればこちらが立たずで、ひとつの政党に絞るのは非常に難しいと考える人は多いかと思います。

しかし、そういう政策で吟味する以前にもっと吟味しなければならない要素があります。
それは、実行能力です。

民主党のように、政策以前に政治能力のない政党に政治を任せてはいけないということをこの3年間に思い知りました。
建築のデザインコンペに例えるなら、建物を建てる能力のない業者が提案した案が採用されて、予算オーバーの末、未完成の状態で案とは全く違うものが建てられたようなものです。

普通、そういったコンペでは、提案された案を実現できる前提で選ぶように、選挙でも提案された政策が実行される前提で一票を投じます。

しかし、実は政策を実行する能力のない政党も存在しているということを民主党が教えてくれました。

保守とかリベラルとか政策で選ぶ選挙は、立候補している政党がその政策を実行できる前提で成り立つはなしです。

保守派は、リベラル派が危険だとかんじ、リベラル派は保守政治の危険性を訴えますが、それ以前に、一番危険なのは政治能力のない政党に政権を渡してしまうことです。

ですから政策を吟味して一票を投じる前に、その政党が本当に実行能力があるか見極める必要があります。

でも、どうしたらそれを見極められるのか?

選ぶポイントは、議論できる政党かどうかだと思います。

どのような政策でも、メリットとデメリットがあります。
ですから、必ずそれによって不利益を被る人や、様々な問題が出てきます。

ですので、事前に様々な角度から検証して、デメリットを最小限に抑えつつ、メリットが最大になるように、政策を修正していくための議論が必要です。

また、それでも不利益を被ってしまう立場の人達に対する粘り強い説得も必要です。

こういったステップをすっ飛ばして政策を実行しようとすると、高速道路無料化で多くのフェリー航路が廃止になるような事態が起きるわけです。

でも、議論できる政党かどうかなんて党の内部の人間でなければわからないでしょう。

そこで議論できる政党かどうかを見極めるポイントとして、政策実現が目的化していないかどうかという点でみるのがいいかと思います。

政策とは目的達成のための手段に過ぎません。

目的を達成するためによりよい政策があれば政策を修正できる政党は、党内で議論ができている可能性があります。

一方、目的にあわせて政策を修正できない政党は、そもそも修正のための議論をしていない可能性があります。


もちろん、党としての大まかな方向性についても議論されてない故に目的すら曖昧という可能性もあります。

例えば、高速道路の無料化は、高速道路の費用は、高速道路の利用者に負担してもらおうという考え方から、国民全体で負担しようという考え方に変更することを意味します。
子ども手当も、子供のいない家庭を含めて国民全体で子育て費用を負担しようということです。

本来なら、どうやって国民全体で負担する費用を捻出するかの話があってしかるべきです。
事前に議論をしていれば財源の問題がでてこないのはおかしいです。

議論をしても財源の問題に気が付かないような人達が議論していたことも考えられますが、「国民全体で負担しよう」という考え方自体がそもそも存在せず、無料化や手当を配るという政策自体が目的だったため議論の必要が無かったのではないでしょうか。

「国民全体で負担しよう」という党としての目的が明確であれば、 無料化や手当の配布は政策手段のひとつであり、「国民全体で負担しよう」という目的が達成されるなら、政策は修正可能であるはずです。

どのような政策にするべきか議論することで、よりメリットが大きくデメリットが少ない政策が生まれます。
しかし、最初から結論である政策内容が決定していると、議論の必要性が無くなってしまいます。

で、充分な議論を経ず政策が実行されると、高速道路無料化の時のように、後から取り返しのつかない問題が起きてから、修正ということになるのです。

政策という手段が目的化しているかどうか見極めるのには、今回の選挙では、原発の問題に対しての政策をみるのが分かりやすと思います。

原発の停止を明記している政党は、原発を止めることだけを目的としているか、つまり、止めることによるデメリットについて、国家としてのエネルギー政策のありかたについて明確な認識があるかを確認することが大事です。

脱原発にともなうデメリットについて事前に議論されて修正されないのであれば、原発を廃炉にしてみてから大問題が起こっちゃうなんてこともありえます。

実行力のない政党、つまり議論のできない政党が、いくら原発を止めると言っても、問題なく止められるとは考えられません。

今回の選挙で大事なのは、政策を実行してみた結果、大問題を起こさない政党を選ぶことだと思います。

どちらの政策を支持するかで選ぶ選挙は、議論できる政党が出揃ってからでしょう。

今回の選挙で議論できない政党が落選していけば、そういった理想的な選挙ができる日がやがてやって来ると思います。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

カウンター

カテゴリ一覧

リンク

RSS

  • RSS道
  • RSS登録方法
  • 最新記事のRSS
  • 最新記事のRSS
  • 最新記事のRSS

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。