--/--/--(--)

『スポンサーサイト』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー[スポンサー広告] | トラックバック(-) | コメント(-)
2012/12/08(土)

『【脱原発】日本は身の丈にあった政策をしてほしい』


脱原発を決めたドイツの挑戦 角川SSC新書 再生可能エネルギー大国への道

これを読めば、ドイツがどのようにして脱原発に取り組んでいるかよく分かります。

かなり、困難な道ではありますが、脱原発のロードマップの一つの参考となりそうです。

まあ、いろいろと日本とドイツでは条件が違いますが、技術的には日本もやれそうです。


しかし、脱原発は、なぜ、ドイツにできて、日本にできないのか?

そりゃ、お金が無いからです。

他にもいろいろありますが、根本的には、日本は、ドイツのように景気が良くないからできないんです。

脱原発とか言ってる政治家の人に言いたい。

身の丈にあった政治をしてほしい。

どんなに理想を掲げても、先立つモノがなければ、実現しない。

何をはじめるにも、お金が必要なんです。

僕自身、このことは、自営業(ネットショップ)をしてみて、ものすごく痛感した。

自営業者は自分の身の丈にあった経営をして、儲かったら、儲かった範囲内でできることに新たに投資していく。

amazonがやってるから、うちのショップにもレコメンドシステム導入してみようとか、日本全国送料無料とか、無理です。

もちろん、やったほうがいいのは分かっています。

でも、今はそれを実現できる資金力が無いので、それに代わる、サービスを模索するんです。

やれることから始めるのが経営者としての常識です。

お金が無いのに、お金のある企業と同じ事をしようとすれば倒産のリスクが高まります。

国家の経営も、基本的に同じじゃないですか?

経営者(政治家)には、身の程にあった経営(政策)をしてくれる人を望みます。

お金持ちのドイツがやってるから、日本も真似しようなんて政治家はゴメンです。

ドイツと同じ政策をするのなら、ドイツと同じくらい儲かる国にする政策が先じゃないですか?

脱原発はとても困難な道です。

今すぐ脱原発なんて今の日本の経済力では無理です。

政治家の人に言いたい。

「いつかは脱原発」できるような、現実的なロードマップを考えてください。



スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

カウンター

カテゴリ一覧

リンク

RSS

  • RSS道
  • RSS登録方法
  • 最新記事のRSS
  • 最新記事のRSS
  • 最新記事のRSS

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。