--/--/--(--)

『スポンサーサイト』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー[スポンサー広告] | トラックバック(-) | コメント(-)
2008/05/18(日)

『「小中学生に携帯電話を持たせるべきではない」のか?』

だったら、携帯は免許制にすれば?と思った今日の記事

政府の教育再生懇「小中学生に携帯持たせるな」報告盛り込みへ - MSN産経ニュース
政府の教育再生懇談会(座長・安西祐一郎慶応義塾塾長)は17日、都内のホテルで会合を開き、子供を有害情報から守るため「小中学生に携帯電話を持たせるべきではない」とする内容を、6月にまとめる第1次報告に盛りこむことで一致した。
 有害サイトを通じて犯罪に巻き込まれたりいじめが起きたりしていることや、子供が携帯電話を持つ必要はないとする福田康夫首相の持論を反映させることになった。


ボクは子供の頃、「知らない人に声をかけられても、ついていっちゃダメだよ」って教えられた気がする。

知らない人に声をかけられないために、外出はしてはいけない。
なんてことを言われたことはない。

インターネットで危険にさらされないために、インターネットにアクセスしてはいけない。
なんて発想がなぜうまれるのか?


危険を回避するために必要なことを子供に教えるのは、あたりまえのことじゃない?

今の親は、そういった子供に対する教育が出来ない、学校も子供達にインターネットの危険性について教えることができません。だから、携帯を持たせません。

と、いうこと?

山谷えり子首相補佐官は会合終了後の記者会見で、子供に携帯電話を持たせることについて「メリットよりも大きな害があることをよく考えてほしい」と強調した。


そんな発想では、何も新しい技術を取り入れることはできないんじゃない?

原子力も、バイオテクノロジーも、遺伝子工学も、混ぜたら危険な洗剤もリスクを抱えつつも利用することによって今の日本が成り立っている。

ものごころがついた頃から既に携帯でインターネットに触れている今の子供達が、将来の日本の産業を支える新しい技術を開発する担い手になるはずです。

子供の頃の早い時期から携帯やパソコンを通してインターネットに触れていた人と、大人になってから携帯に触った人とどっちが技術者としてのアドバンテージが高いだろう?

多くの子供達が、インターネットの危険な部分について知らされないまま、つまりインターネットについて無知なまま社会人になっていく国が、将来も技術力を基盤とした経済大国であり続けられるのだろうかと心配になったりもします。

この発言をした、山谷えり子首相補佐官って人は、日本の将来のことを考えているのだろうか?

危険を回避するための教育をする自信が無い、もしくは、事件が起きたときに教育者への責任が問われないようにするための予防策を張ったように思えてしかたがない

子供にインターネットのリスクについて教育できて、子供に早い時期からインターネットに触れさせたいと考える親にとっては迷惑な話だろうな。

教育関係者の責任問題を回避したいだけならば、携帯電話の所持を免許制にすればいいんじゃない?

試験を受けさせて、インターネットなどにおけるリスクについて十分な知識を持った人(子供を含む)だけに携帯を持つ免許を与えれば、教育者への責任は回避されるはず。

ボク的にはむしろ、インターネットやWeb、プログラミングに関する教育を学校教育に取り入れるべきじゃないかと思うんだけど。

そんな提案は教育再生懇談会では到底議論されそうにないでしょうね。











スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

カウンター

カテゴリ一覧

リンク

RSS

  • RSS道
  • RSS登録方法
  • 最新記事のRSS
  • 最新記事のRSS
  • 最新記事のRSS

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。