--/--/--(--)

『スポンサーサイト』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー[スポンサー広告] | トラックバック(-) | コメント(-)
2008/03/29(土)

『[おすすめ]走れ!T校バスケット部 松崎 洋』

走れ!T校バスケット部
松崎 洋 彩雲出版


小説家ではない、ごく普通のバスケ好きの人が小説を書いてみたよってかんじの本。

でもこれが面白いんです

この本には、著者紹介とか、あとがき、解説みたいなページも無くて著者がどんな人かは分かりませんが、多分、この本が著者の松崎洋さんの処女作なんじゃないかな?

もしくは自費出版?

違ってたらごめんなさい。

ただ間違いないのは、この著者がバスケが大好きで、バスケをとても愛していて、そしてプレイを通して生まれるチームの「和」こそがバスケの最大の魅力だと強く信じている人だってこと

そんな著者のバスケを愛する思いが伝わってくる作品です。

バスケが大好きな人ならきっと共感できます

けっこう泣けるよ

ストーリーは無名の弱小校バスケ部が全国屈指の強豪校チームと地区予選決勝で対戦するまでのお話です。

バスケのプレイの描写よりも、登場人物達のハートの部分の描写に力点が置かれているのですが、

クライマックスの決勝戦は、スラムダンクの湘北VS 山王なみに盛り上がります!

あっ、ちょっと言い過ぎました。

そんなに迫力ある試合は展開されません

しかし、最後は意外なラストプレーでゲームは終了しますので、お楽しみに。

ま、花道のラストショットほどの感動はないけど、読者の予想を十分超えるプレーがとびだしますよ

この本は、去年出版された本なんですが、T校同様にこの本も無名なようで、京都市内の大型書店数軒回っても置いているところはありませんでした。

が、先日、某書店でこの本が目立つところに山積みになって売られているのを発見!さっそく買って読んだしだいです。

じわじわと人気が出ているのかな?

T校バスケット部の急成長と同様に、本の売り上げもベストセラー小説と肩を並べるくらいになる日が来るかも




 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
 才能はあるものの、それを妬まれ部活内でのいじめに遭ってバスケットボールの名門校をやめた陽一。そのままバスケから離れるつもりだった彼が転向した先で知り合った、弱小バスケ部の面々。彼らと関わるうちにバスケットボールの楽しさを思い出し、陽一はもう一度コート...
2008/04/03(木) 00:55:21 | 今夜、地球の裏側で

カウンター

カテゴリ一覧

リンク

RSS

  • RSS道
  • RSS登録方法
  • 最新記事のRSS
  • 最新記事のRSS
  • 最新記事のRSS

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。