--/--/--(--)

『スポンサーサイト』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー[スポンサー広告] | トラックバック(-) | コメント(-)
2008/02/08(金)

『やりたいことがやれる人になる為の三ヶ条』

やりたい事をやれる人になる、なりたい自分になる、そのためにはどうすればいいのか考えてみた結論がこれ

1. 何がやりたいのか、どういう自分になりたいのか明確にする。

2. 目的が明確になったなら、とにかく実行!

3. 実行結果を評価する

これは、プログラマーさんや、webデザイナーさんならプロジェクト進行過程であたりまえにやっているであろうことなのですが、「自分」というひとつのプロジェクトにも応用できるなと思ったしだい

1のやりたい事とは、I/OでいうところのO、つまり情報のインプット(入力)ではなくアウトプット(出力)のことです。

マンガを読みたい、テレビを観たいなんていうのはインプット

話したり、書いたりはもちろんアウトプットですが、他人からみえる部分の表現については総てアウトプット

だから、笑うという行為も、鏡の前でなく他人の前ではある種のアウトプットだし、服装などの見ための部分もある種の自己表現なのでアウトプット

で、1の大切なポイントは、やりたい事をできるだけ具体的に箇条書きしていくこと

例えば、「バスケがうまくなりたい」ではなく「フリースロー成功率を90%にしたい」のように具体的に、さらに「フリースローのときは気持ちを切り替えてリングに意識を集中する」などさらに具体的にやることを明確にしていきます。

目的を明確にすることによって、そのためにはどうすればいいのか、必要な情報や技術が明らかになり、実行する為の勉強や練習も無駄が無くなるし、実行するためのアイデアも考えやすくなります。

2の実行は、とにかくやりたい事を他人にみせて(伝えて)いこうってこと、すべては、そこから始まる。

脳内で完成していて、そこで満足していても、実行(アウトプット)がなければやっていないも同然

実行することで他人が自分のことに関心を持ってくれたり評価してくれたりします。

類は類を呼ぶといいますが、同じ分野に関心のある同士と出会えるかもしれません。

インターネットで情報を発信すれば、さらに可能性がひろがるでしょう。

もちろん実行(情報発信)なければ、誰も気が付いてくれない

何事も最初から上手くいくと思っちゃいけない、失敗することで経験を積み成功に近づけよう(と、いつも自分に言い聞かせています)

3の自己評価は自己満足度と他人からどんだけウケたかなどをポイントに評価するといいかも。

自己評価、つまり自己満足や他人からウケた喜びが、さらなるアイデアを考えたり、勉強や練習のためのモチベーション向上につながります

もちろん最初からは良い評価は得られないし失敗して恥をかくかもしれない。

失敗して恥をかくリスクより、関心を持ってくれる人やアドバイスしてくれる人が現れたり、経験を積む事で成功に近づけるメリットの方が大きいはず

実行→ウケる→ますますやる気になって腕が上がる→さらにウケる、の好循環に持ちこめればしめたもの

ただ、一番難しいのは、1の自分のやりたいことって何だろうで迷っちゃうこと

だから、自分探ししちゃうんだな








スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

カウンター

カテゴリ一覧

リンク

RSS

  • RSS道
  • RSS登録方法
  • 最新記事のRSS
  • 最新記事のRSS
  • 最新記事のRSS

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。