--/--/--(--)

『スポンサーサイト』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー[スポンサー広告] | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/10/13(土)

『右脳派?左脳派?』

下の画像の中でクルクル回っているダンサーのシルエット

このシルエットのダンサーが時計回りに回っているように見えたあなたは、右脳派、反時計回りに見えたら左脳派だそうです。

Silhouette Illusion


この回るダンサーのシルエットの元画像は、こちらが元ネタ

ProcreoFlashDesign Laboratory 回る人影 -錯視-
(http://www.procreo.jp/labo/labo13.html)


このサイトでは、以下のように画像が紹介されています。
一定方向にまわり続けている人のシルエットがふとした瞬間から逆方向にまわりはじめるような錯覚が起こります。回転している方向によって右足をあげていたり、左足をあげていたり・・・不思議な感覚になります。


で、こちらのサイトで、その画像を使って、右脳派・左脳派が判定できるとしています。

The Right Brain vs Left Brain | Frostfirezoo.com
(http://frostfirezoo.com/the-right-brain-vs-left-brain)


このサイト中では、反時計回りに見える人が多いらしいけど、みなさんはどうですか?

ふつうは時計回りに見えない?っていうのが、ボクの感想

画像がシルエットなので、回転している手足が、手前にきているか、奥にいっているかが判別つかないために起こる錯覚なんでしょうね。

脳内には、片目で物を見ても立体的に見えるように、視覚から入ってきた映像を、脳が奥行きのある映像として勝手に解釈する錯覚が起こるシステムがあるそうです。
(参考:進化しすぎた脳 中高生と語る「大脳生理学」の最前線

つまり、時計回りと思ってみれば時計回りだし、反時計回りとして見れば反時計回りにみえるはず。

ただ、先入観で一度時計回りだと思い込むと、なかなか反時計回りには、見えません。

そういう意味では、右脳派左脳派テストというより、頭の柔軟性のテストにつかえるね

時計回りに見える人は、やや高い位置からダンサーを見ているような構図の画像に見えているはず。

反時計回りに見える人は、やや低い位置からダンサーを見上げるような構図の画像にみえているはず。

だから、見え方を切り替えるには、視点が上からか下からかを頭の中で切り替えれば、見事に回転の方向が切り替わります。

うまく見え方切り替わるとなかなか面白い

床部の映り込みの角度を考えると下から見上げる構図には無理があるので、反時計回りにうまく見えない人は、床部に反射して映り込んでいる足のシルエット部分を手で隠して見てみるといいかも。



スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

カウンター

カテゴリ一覧

リンク

RSS

  • RSS道
  • RSS登録方法
  • 最新記事のRSS
  • 最新記事のRSS
  • 最新記事のRSS

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。