--/--/--(--)

『スポンサーサイト』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー[スポンサー広告] | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/06/25(月)

『衝撃「ネットカフェ難民」』

読売テレビの「ドキュメント’07 ネットカフェ難民・2」見ました。

かなり衝撃的な内容でした。

明日以降に仕事があるのか分からない状態で財布の中の10円玉数枚が全財産。

久々に仕事があったと思ったのに、当日の朝にキャンセル通知されてしまう。

昨日からパン1個しか食べていない状態でデモに参加している方の姿がとても痛々しかったです。

しかも番組の最後でその人が、路上生活者となり施設に収容されてしまったと告げられる。

日雇い派遣に頼った生活に陥ると、もうそれ以上の生活への望みが絶たれてしまうという恐ろしい現実。

考えさせらてしまいました。

ボクもずっと前に日雇い派遣のアルバイトをしたことありましたが、正直言って日雇い派遣の仕事だけで生活していくのは大変だと思いました。

アルバイト雑誌なんかをみると、日雇い派遣の仕事は飲食店なんかのアルバイトに比べると割がいいようにみえるのですが、実際に働いて見ると、現地集合で現地までの交通費が出ない、毎日仕事があるわけじゃない、当日に現地集合後に仕事がキャンセルになる等々で全然収入が増えない。

あり得ないことも多々ありました。

現場に着いてみたら建設現場だった(建築現場への派遣は違法)とか、

当日に仕事内容が変更されて交通費3000円かけて出掛けた先で日給3000円の仕事をさせられたこともあります。

その時に悟ったのは、「日雇い派遣で働くより、時給500円の仕事の方がましだ!」ということ。

それ以来、日雇い派遣では働いていません。

でも世の中には、とりあえず今すぐ現金が手に入らないと困る人は多数いるわけで、そういう人達は分かっていても日雇い派遣に頼らざるをえないんですよね。

そしてそんな負のスパイラルが、ボクを含めて多くの人の背後にまで迫っています。

まさに明日は我が身、

東京に出てWeb関係の仕事を探そうかなって考えてたんですが、正直危機感でいっぱいになってしまいました。

仕事が見つからない場合、ホームレス一直線のリスクを抱えて東京には行けないなあ。

ブログランキングへは、こちらから

FC2ブログランキング
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

カウンター

カテゴリ一覧

リンク

RSS

  • RSS道
  • RSS登録方法
  • 最新記事のRSS
  • 最新記事のRSS
  • 最新記事のRSS

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。