--/--/--(--)

『スポンサーサイト』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー[スポンサー広告] | トラックバック(-) | コメント(-)
2008/02/26(火)

『[おすすめ]不幸にする親――人生を奪われる子ども』


不幸にする親――人生を奪われる子ども(講談社)
D. ニューハース(著) 玉置 悟(訳)

この本は日本でいうところのアダルトチルドレンについて書かれた本です。

我が子を自分の思い通りにコントロールしたいという親の欲求が、子供を苦しめるメカニズムを箇条書きを多用して、分かりやすく説明されています。

親を悪く言うようなことは、社会一般的には「親不孝者」と見られてしまうため、他人には相談しにくいことです。

普通の家庭に育った人が、親の一方的な支配に苦しむ人から相談を受けた場合、おそらく次のようなことを口にするはず

「親は君のためを思ってやったこと(言ったこと)なんだよ」

だからこそ親の言うことに逆らえないんだと言ってもなかなか理解してもらえません

しかし、この本では、こういった問題とは無縁な普通の家庭で育った人にも理解できるように分かりやすく説明されているので、アダルトチルドレンの入門書としてもおすすめです

我が子の教育に熱心な方は、ぜひこの本を読んで、今まで子供のためだと思ってやってきたことが、本当に子供のためになっているのか、見つめ直して欲しいと思います

もしかしたら、気が付かないうちに我が子を苦しめているかもしれないですよ

後半には、子供を不幸にする親の支配から、子供が抜け出すにはどうすればいいのか、そして親の支配から抜け出して、どう生きていけば良いのかを分かりやすく述べられています

アダルトチルドレンを克服するための壁として立ちはだかる一番の難関が、こういった問題のある親の支配から、なかなか抜け出せないことであるだけに、苦しんでいる当事者の人達には参考になる内容だと思います

親からの支配によって、精神的に苦しんでいる人、

親の存在が自分の生き辛さの原因なのは分かるんだけど、なぜ苦しいのか分からない人

親の期待に応えられず、家族と一緒にいることが辛い人

家族と一緒にいる時間がとても辛い人

一緒にいるのが辛いのに親から離れられない人

親から受けた同じ苦しみを、自分が我が子に与えているのではと悩んでいる人

共依存やアダルトチルドレンを克服したいが、どうすればいいのか分からない人

そんな人達には救われる一冊になるかもしれません

本当は「子供」よりも「親」におすすめしたい本なんだけど、多分そういう「親」って、この手の本は読まないんだろな

なお、作中ではアダルトチルドレンという言葉が使われていません。

この本で取り上げられている事例は、日本以外ではアダルトチルドレンとはよばないのかもしれません。

では、なんて呼べばいいのだろう?


同様の本で、毒になる親―一生苦しむ子供 (講談社プラスアルファ文庫)スーザン フォワード(著) 玉置 悟(訳)もおすすめです。
こういった問題について縁のなかった人にとっては、こちらの本の方が衝撃的な内容かもしれません



スポンサーサイト
2008/02/25(月)

『アダルトチルドレンを克服するための5ヶ条』

インターネットでアダルトチルドレンを検索していると、関連する記事はたくさんあっても、そのなかで克服例や克服方法について書かれた記事は少ないなと感じたので、自分自身の経験から導きだした克服するために意識しておきたいことを5ヶ条にまとめてみました。

アダルトチルドレンを克服する作業が、

見失っていた自分の考えや気持ちをみつける

自分の意見や行動を肯定できるようになる

自己と他人をそれぞれ尊重できるようになり、コミュニケーションや自分の行動に違和感を感じなくなる


という三段階のステップを経ると考えた場合の最初のステップである自分探しの段階と二段階目の自己肯定で役立つ5ヶ条です。

1.わがままになろう

2.自分が思うほど他人は自分の言った意見を気にしていないということに気が付こう

3.親に自分の正直な気持ちをぶつけよう

4.周囲が自分に合わせてくれることを願うのでなく、自分が状況を変えていこう

5.人生はたった一度だけ、自分のやりたいことをやろう



1の「わがままになろう」は、アダルトチルドレンの人にはとても辛い作業です。
まずは些細なことからチャレンジしていくと良いと思います。

例えば、友達何人かでレストランに食事に行って注文するとき。

そのとき本当に食べたいと思ったものを注文してみる。

ってことは、普通の人には当たり前のことなんですが、アダルトチルドレンの人なら何を注文するべきか迷う人は少なくないと思います。

アダルトチルドレンな人は、「自分はあっさり系の和食が好きと思われているから、ニラレバ炒めを注文しないほうがいいな」とか、「母親が、魚を食べれば頭が良くなるから魚料理を食べなさいと言っていたから、サバの塩焼き定食を食べなければならないな」なんて考えてしまうものです

普通の人からは、当たり前のことなのですが、別にサバの塩焼きでなくニラレバ炒めを注文しても誰も困りませんし、ニラレバ炒めを注文することは、普通の人にとっては別にわがままでも何でもありません。

が、アダルトチルドレンの人にとっては、この「わがままな注文」をすることが、アダルトチルドレンを克服するための最初の一歩になります。

自分が何を期待されているのか何をしなければならないのかという意識を押し切って、わがままを言ってみましょう

2の「自分が思っているほど~」は、他人にとっちゃ、自分がニラレバ炒めを注文しようが、サバの塩焼きを注文しようがどうでもいいことなんだよってこと

むしろ、自分の意見を相手に聞いてもらうことは、それなりにスキルとパワーが必要なのです。

大半の自分の意見は、他人にとってはすぐに忘れられてしまうぐらいに考えておいたほうがいいくらいです。

同様に他人の意見もそれほど絶対視する必要はないと自分に言いきかせましょう

人の意見や気持ちは、そのときの状況や経験等で変化していきます。

同様に自分の意見や気持ちが移ろうことも自然なことです

気にしない気にしない

3の「親に自分の正直な気持ちをぶつけよう」は、ケースによっては親ではない場合もあります。

アダルトチルドレンとしての自分に影響力を与えている人物に対して、「自分はあなたのおかげで苦しんでいます。」という気持ちをぶつけようということです

おそらく相手は、そんな苦しみを認めようとしないはず

しかし大事なのは、それでも自分の気持ちをぶつけ続けること

そして、「自分はあなたの所有物ではない、自分の生き方を決めるのは、あなたでなく自分自身である」という、当たり前のことを相手が理解するまで訴え続けましょう

4の「周囲が自分に合わせ~」は、普通の人でも大変なことです

特に自分自身のコントロールよりも他人のコントロールに気持ちが行きがちなアダルトチルドレンにとっては大変な作業です

うまくいかない理由を外部に求めることは簡単にできても、それだけでは状況は変わりません

状況を変えていける人間は自分自身しかいないという気持ちが持てれば、積極的に状況を変えていけるのですが、人の気持ちは弱いものですから誰かの助けを期待してしまいます。

しかし、アダルトチルドレンの克服は、自分の内面を見つめ直す作業でもあるので、他人が手助けできるものではないのです。

孤独な作業ですが、自分自身で考えて、気付いていかなければなりません。

カウンセリングを受ても、カウンセラーにできるのは話を聞くことであって教えることではありません。

もちろん、一人だけで悩むよりは、精神的に楽になると思うので、カウンセリングを受けたり、自助グループに入ることはいいのですが、あくまでも自分自身で気付いていく作業が無ければ克服には至りません。

アダルトチルドレンにとって、わがままを言ったり、やりたいことをやるということは、不安や罪悪感がつきまとうので、5の「人生はたった一度だけ、自分のやりたいことをやろう」と、他人から言われると、とても勇気づけらます。

自分自身でも言い聞かせて、やりたいことをやってみましょう。

といっても、いくつかの選択肢からやりたいことを選ぶとき、何を選んでよいのか迷いますよね

迷ったら、上手くいくかどうかより、失敗しても後悔しない選択肢を選ぶようにしていくのがポイントです。

そうすれば、「~するべき」とか「~することを期待されている」という考えに基づいた選択肢を排除して、自分の本当にやりたい選択肢が見えてくるはず

以上の5ヶ条はアダルトチルドレンの人にとっては、どれも大変な作業ですが、実際にうまく実行できずとも目標として持っておくと、少しづつでも克服に近づけるのではないかと思います。

ひとくちにアダルトチルドレンといっても、様々なケースがあるので、必ずしもこの方法で克服できるという必勝法ではありませんが、アダルトチルドレンの人は、克服するためのひとつの方法として参考にしてみてください。



2008/02/15(金)

『アダルトチルドレンとは?』

「アダルトチルドレン」発言で、古舘氏が謝罪 - MSN産経ニュース
14日放送のテレビ朝日のニュース番組「報道ステーション」で、メーンキャスター、古舘伊知郎氏が前日のニュースの中で「アダルトチルドレン」という言葉を誤って用い、関係者を傷つけたと謝罪した。
 古舘氏の説明によると、問題の発言をしたのは、13日放送の「18歳は成人か」というニュース。古舘氏は「大人になりきれていない子供」という意味で「アダルトチルドレン」を使った。しかし、アダルトチルドレンは一般的に、アルコール依存症の親に育てられるなど機能不全家庭で育ち、成人になってもそうした体験が心的外傷として残っている人を指す言葉。


アダルトチルドレンの問題とは、あくまで本人と家庭の問題なので第三者がアダルトチルドレンについて何を言おうが、基本的には問題は無いと思います。

しかし、ただでさえアダルトチルドレンは、他人に意味を説明するのが難しい言葉です。

それがニュース番組で堂々と違った意味で使用されたことで、アダルトチルドレンがますます理解されにくい存在になってしまったのかなと危惧しています。

アダルトチルドレンは正式には「アダルトチルドレン オブ アルコホリックアルコール依存症の親を持ち成人した子供達)」もしくは、「アダルトチルドレン オブ ディスファンクショナルファミリー機能不全家庭に育ち成人した子供達)」といいます。

アダルトチルドレンとは、上の記事にもあるとおりなんだけど、日本ではもう少し広く解釈されていて、どちらかといえば、アルコール依存症とは無縁の家庭で育った人の方が多いかもしれません。

機能不全家庭で育つ」とは、子供が子供時代に子供らしく育つことができない環境で育ったと考えれば分かりやすいと思います。

例えば、親が教育熱心で我が子を絵に描いたような優等生として育てている家庭なんかも機能不全家庭にあてはまる場合があります。

子供が子供らしくわがままを言ったり、親に甘えたりすることが許されず、ただただ優等生であり続けることを強要されたり、親がろくでなし故に子供がしっかりとして、親の役割をしなければいけないような機能不全家庭で育つと、自分自身のアイデンティティを見失い、自分がその環境で果たさなければならない役割を果たすことに熱中してしまいます。

すると、

自分の本当の気持ちが分からない

他人の気持ちも理解できない

人とのコミュニケーションや自分自身の行動に違和感を感じてしまう

という状態に陥ってしまいます

このような状態にいる人々がアダルトチルドレンなのです。

アダルトチルドレンの辛さは、なかなか他人には理解できません。

それは、人格障害の場合と違って第三者からみれば、行動に異常なところが見受けられないからです。

だから、本人も気が付いていない場合が多いと思います。

他人には理解しづらいアダルトチルドレンの辛さとは、例えるなら「偽る辛さ」という表現が近いかもしれません。

大概の人は、ウソをつくと良心が傷みますよね?

ウソをつき続けるのは、とても辛いことです。

アダルトチルドレンな人々は、本心を隠して、その育った環境で求められた役割を演じ続けているのです。

しかも演じ続けているうちに本来の自分の気持ちを見失ってしまったので、演じていた役割を抜けて、本来の自分に戻ることも出来ないのです。

アダルトチルドレンをカミングアウトしている人には、東ちづるさんとか、ビル・クリントン元大統領が有名です

“私”はなぜカウンセリングを受けたのか―「いい人、やめた!」母と娘の挑戦
著者: 東 ちづる, 長谷川 博一



アダルトチルドレンで悩んでいる人っていうのは、けして少数ではなく、本人が気が付いていない例を含めればかなりの多くの人がアダルトチルドレンなのではないかといわれています

例えば、

異常に他人の自分に対する意見が気になる人、

「愛」の意味が理解できない人

誰かに頼りきたり、頼られきらないと生きていけない人

他人を自分の思う通りにコントロールしたがってしまう人

理由は分からないけれども生きるのが辛いという人、

もしかしたらアダルトチルドレンかもしれませんよ



 

カウンター

カテゴリ一覧

リンク

RSS

  • RSS道
  • RSS登録方法
  • 最新記事のRSS
  • 最新記事のRSS
  • 最新記事のRSS

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。